カテゴリ:
4つの毒素???離婚への典型的な会話のプロセス

・・・ゴッドマン曰く・・・


「批判」→「防御」→「見下し」→「喧嘩」→「離婚」


つまり、相手を「批判」すると、相手はその批判に「防御」します。これが続くと、相手を「見下し」始め延々続く「喧嘩」へと発展してしまうそうです。


●ゴッドマンメソッド…結婚生活、家庭生活、そしてそのなかの人間関係を支援し、更に絆を強固なものにすることを目的としています。このメソッドは、結婚生活の成功失敗の要因について、これほど強力で詳細かつ長期間にわたる科学的研究に基づいた教育とセラピー&カウンセリングのアプローチは、他に類がありません。

現代の男と女の会話による原因
恋心が長続きしない原因は、日常の男女の会話に原因があることが、米国での研究で分かってきました。ワシントン州立大学のジョン・ゴッドマン博士(心理学者)によると、5分の会話を見る(心拍数)だけで「93%の確率で離婚するかが分かる」といいます。40年にわたり約3,000組以上の夫婦間の愛情を研究しているうちに、どのようにすれば結婚生活を長続きさせる「7つの原則」を発見しました。


さらに、

結婚生活にとって障害となる4つの情緒的反応を例記します。


それは。。。「非難」「防御」「侮辱」「無視&逃避」

なかでも最も強力なのが
「無視/逃避」だと言います。


下記に【4毒素】として
カテゴリー毎に記します。あてはまる会話パターンがあれば、リペアしましょ。


“麁顱淵汽奪ーで例えると、プレーを止めボールを拾い相手に押し付ける行為)
「非難」は、不満とは異なります。不満はパートナーの期待に背いた時だけに発するが、「非難」はそれ以上のもので、相手の性格、人格、能力を傷つける言葉の武器となる。『どうしてあなたはそんなに忘れっぽいのよ。あなたの当番の日なのに私が床掃除するなんて嫌になるわ。あなたは本当に無責任な男なんだから…』というような言い回しになります。これが「非難」の代表的な会話のコミュニケーションパターンです。


侮辱(硫酸をかけるような行為)
見下しの心は、自分を相手よりも上に置き、他の人を見下す態度。自分を何らかの観点でほかの人よりも上だと考えます。ゴッドマンは、見下しを人間関係への「硫酸」のようだ、と例えています。特に、侮辱は人間関係において一夜にしてつくられるものではないと断言しています。長い間の苛立ちが積み重なって出来るものだと、その言動が上から目線となります。


K標罅兵己弁護)
自分を守るために相手から攻撃をかわす行為で、相手を責めるひとつの方法。サッカーで例えると、「カウンター攻撃」です。「あ、そう」「で、あなたは?」的な会話です。他には、すすり泣く等の無罪の被害者を演じること。防御は、問題の解決をこじらせ、長引かせます。


ぬ技/逃避(石の壁)
突然、会話をやめること。彼または彼女が、相手の言っていることに構っていられない態度を取ります。身体はあるのですが、心は「ここ」にあらずの状態です。性別の違う関係では、無視&逃避をするのは約85%が男性側です。背を向け、喧嘩を避けようとしているのですが、関係そのものからも逃避している状態です。




〜 結婚生活を成功させる七つの原則 〜 
ジョン.M.ゴットマン著

ワシントン州立大学心理学博士;カップル夫婦カウンセリングの第一人者;650組のカップルを14年間追跡調査した研究結果から二人の人間関係を改良改善強化できる「7つの原則(夫婦関係再生の秘訣)」を導き出した。結果、わずか5分間観察するだけで4年以内に91%の確率で離婚を予測できる驚きの結果が・・・

『結婚生活を成功させる7つの法則』第三文明社 定価本体1,200円(世界20ケ国以上で翻訳されています)

結婚生活を成功させる七つの原則結婚生活を成功させる七つの原則
著者:ジョン・M. ゴットマン
第三文明社(2007-11)
販売元:Amazon.co.jp