カテゴリ:
ある新聞会社の方からの電話取材があった。

独立系のファイナンシャルプランナー(FP)としての勝手な個人的な感想をお伝えした。記者の方に、ちゃんと意図が通じていると思うけれど・・・人生なんて、人によって100人100通りだ。方法は、何通りもある。正解、不正解はない。

ただし、
「学資保険に加入することが目的の人」は、
「学資保険を加入させる人の目的」と合致してしまう。

これは、危険だ(汗)


以前、相談にきた人の話。

「子どもが大学に行く時に不安だから1人2口学資保険に加入していて、毎月10万円学資保険に加入しているので、夫の保険に加入できない」という相談だった。

まあ〜、保険貧乏と云う話でした。
勧められるままに。。。


自分の足のサイズにぴったりの靴は買うけれど、命のサイズも図ることはできないし、ましては「自分の人生設計」もデザインできない。

それでも「本当に今のままでいいのかな?」と不安に思っているに、無駄な保険を加入させる人も、まだまだ存在する。

結局、学資保険だけに固執するよりも「自分たちの家族年収や人生設計や目標」などによって自分のサイズにぴったりなプランを選りすぐっていくだけだ。

保険だけが、全てではない。他にもさまざまな方法や手段もある。

人生の節目をゴールを決めて、あらかじめ準備、、、遅いよりも早い方が良いに決まっている。。。しかし、わたしは「意識的な蓄財を手放して、無自覚的な蓄財すること」を推奨したい。


知らないうちに、勝手に蓄財する。
そんなシステムをお伝えしたいと考える。

今日は、なんか?
いつもと違うかんじだ。少し東京のWSの影響かな。。。

しっかりと、伝えていかないといけないかも(笑)